搭乗記

ANAのプロペラ機に乗ってきた!乗り心地や機内サービスをレポート!

記事をアップしてから何度か乗ったので、内容を更新しました!

こんにちは、こばねねです☆

ANAのプロペラ機「ボンバルディアDHC8-Q400」に乗ったので、レポートします。

ジェット機とは違うダイナミックな乗り心地が、楽しめます。

ANAプロペラ機(ボンバルディアDHC8-Q400)

「ANAにプロペラ機なんてあるの?」と思うかもしれませんが、国内線のいくつかの路線で使われています。

主に国内線の短距離路線に使われています。

「ボンバルディアDHC8-Q400」という、定員がジェット機の半分ほどの小型飛行機です。

(機材コード:Q4A/Q84、Q82、CR7)

ANAプロペラ機の全路線(2019年5月現在)

全部で34路線が飛んでいます。

成田 ⇔仙台・新潟
伊丹 ⇔青森・秋田・仙台・新潟・高知・松山・大分・熊本・宮崎・鹿児島
中部 ⇔秋田・仙台・新潟・松山・福岡・宮崎・鹿児島
新千歳 ⇔稚内・女満別・中標津・釧路・函館・青森・秋田・仙台・新潟
福岡 ⇔新潟・伊丹・対馬・五島福江・宮崎
那覇 ⇔新潟

※時間帯によってはジェット機の場合もあり

フライト情報の機材コードで確認できます。

機内と座席

2-2配置の、74席すべてエコノミークラス。

機内は狭いですが、座席の間隔は普通くらい。

頭上の荷物入れは狭いので、機内持ち込み荷物のサイズが少しだけ小さくなります。

重さ:10kg以内

3辺の合計:100cm以内(ジェット機は115cm以内)

個数:1人1個まで

座席は同じボンバルディアでも、布のタイプと皮革のタイプがあります(画像は布タイプ)

テーブルとリクライニングはあります。

飛行機への乗り降りは、ボーディングブリッジ・徒歩・バスなど色んなパターンがありました。

徒歩だと間近でプロペラ機が見られるしいい写真も撮れるので、ラッキーです。

プロペラ真横の座席

わたしが搭乗したときは「7A/B/C/D」がプロペラの真横の座席でした。

上の画像がその時のものです。

ばっちり真横!

せっかくならプロペラの近くに乗ってみたいですよね。

こちらは斜め前の座席のときの写真(座席番号は不明)

斜め前の席も、プロペラ全体が綺麗に見えて良い感じです!

機内サービス

ANAプロペラ機で受けられるサービスは、ジェット機と基本的には変わりません。

★プロペラ機の機内サービス

・ドリンク

・機内販売

・毛布

・子供のおもちゃプレゼント

・絵本レンタル

・トイレ(おむつ交換台あり)

Wi-Fi・モニター・お菓子などはありませんでしたが、フライト時間が短めなので特に困ることはありませんでした。

乗り心地

プロペラ機の乗り心地はダイナミック!

揺れや振動や音はジェット機よりも大きく、

プロペラの真横の席だとより大きく感じます。

離陸時と着陸時は揺れや傾きもあり、酔いやすい人は苦になるくらいです。

とくに離陸してから10分間くらいの振動がすごい!

「ずっとこれだったらキツイなぁ・・・絶対酔う」と思ったくらいです。

ただ、以前の乗った感想だと↓

「うわープロペラ機乗ってる!」というくらいで、激しいほどではありません。

だったので、どっちのケースもある感じです。

天候などに左右されやすいのも、関係があるかもしれませんね。

プロペラ機ならではの乗り心地は面白い!

プロペラの振動や音や景色など、ジェットでは味わうことのできない面白さがあります。

このダイナミックな感じは好き嫌いが別れそうですが、個人的には好きです。

とくにプロペラ機の横は振動がすごくて「次回は他の席にしよう・・・」と思っても、

またプロペラの真横を選んでしまうという、悪魔の魅力をもっています(笑)

一部の国内線しか飛んでいないので、搭乗する際は、ぜひプロペラの真横の席を堪能してみてください!

ABOUT ME
こばねね
こばねね
2歳の娘をもつ専業主婦。家計の見直しを機に「spgアメックスカード」と出会い、マイルを貯めてモルディブ家族旅行を達成!旅行ブログ更新中。