モルディブ

【モルディブ】個人手配での水上飛行機の乗り方【予約・支払い方法など】

こにちは、こばねねです。

2019年に個人手配でモルディブ旅行をしたのですが、

そのときに気になったのが水上飛行機の手配」について。

 

水上飛行機の予約などについては、

ネットに情報が少なくてどうしたらいいのか

わからないこともあるかと思います。

今回は実際に個人手配でモルディブへ行ったときの

「水上飛行機の乗り方」についてまとめました。

予約方法は?

水上飛行機の予約は、

個人手配でリゾートを予約した場合も

滞在先のリゾートが手配してくれます。

リゾートを旅行サイトなどでを予約した場合は、

予約が完了するとリゾートからメールが届くので、

そのメールに「リゾートまでの移動手段は水上飛行機を希望」

と記載して返信すればOKです。

 

チケットは当日リゾートのスタッフが発券してくれるので、

前もって用意しておく必要はありません。

このように個人手配でリゾートを予約した場合でも、

自分で水上飛行機を予約しなくても大丈夫です!

どうやって乗る?

リゾートへ向かう当日に、

マレ国際空港内にある「水上飛行機のカウンター」で受付します。

そして、水上飛行機乗り場まで乗り合いのワゴン車で向かいます。

水上飛行機の受付から水上飛行機乗り場までの移動は、

リゾートのスタッフが同行してくれるので困ることはありません。

荷物のことやフライト時刻についても全部サポートしてくれます。

マレ国際空港から車で10分ほどで、水上飛行機乗り場に到着です。

フライト時間まで、ここで待機します。

持ち込める荷物は?

受託手荷物は20kg、手荷物は5kgまで。

受託手荷物は最大32kgまで可能ですが、

20kgを超えたぶんは1kgあたり4ドルかかります。

スーツケースなどの大きい荷物はマレ国際空港内の受付で預け、

小さな手荷物のみ機内へ持ち込みます。

ペットボトルなどの液体もOKです。

(水上飛行機内はとにかく暑いので、飲み物必須)

待合場所(ラウンジ)はある?

水上飛行機乗り場に「共用ラウンジ」があります。

(どのリゾートが利用できるかは不明)

わがやが滞在した「エメラルドモルディブリゾート&スパ」は共用ラウンジが利用できました。

高級リゾートの場合は専用のラウンジが設けられています。

ラウンジ内は、飲み物・軽食・フリーWi-Fi完備で快適に過ごせます。

わがやの場合は、30分ほど待ってスタッフが案内に来てくれました。

TVでフライトのインフォメーションも流れているので、

現在のフライト状況も確認できます。

万が一ラウンジが利用できない場合でも、

屋外にカフェのスペースがあるので大丈夫です。

屋根付きで乗り場のすぐ目の前にあり、こちらでも充分に待機できます。

※マレ国際空港に、水上飛行機のラウンジはありません

マレ国際空港で水上飛行機を待つときは、各自で待つことになります。

一部の高級リゾートには、専用のラウンジがあります。

フライト時間はいつわかる?

フライトの前日または、

リゾートカウンターでチェックインする時にわかります。

基本的には、マレ国際空港に着いたらリゾートのカウンターでチェックインの手続きをするので、そのときに教えてくれます。

(マレで前泊の場合も、前日のチェックイン時に教えてもらえます)

「○○時発、チェックインは○○時から、フライトナンバーは~」など。

重要なので、メモするか、わからなかったら紙に書いてもらいましょう!

 

マレで前泊する場合は、

前泊するホテルに翌日の水上飛行機の時間を伝えると

出発時間に合わせて朝食や送りの車の用意をしてくれます。

自分で上手く伝えられなかったり、分からなくなってしまった場合は、

前泊するホテルの人がリゾートへ電話して聞いてくれるので大丈夫です。

料金の支払い方法は?

滞在するリゾートで支払います。

チェックイン時、チェックアウト時、支払うタイミングは様々のようです。

基本的にはクレジットカードで大丈夫だと思いますが、

ドルまたは現地通貨の可能性もあります。

水上飛行機代は高額なので、

手持ちの現金じゃ足りない!なんてことにならないように、

事前に確認しておくと安心です。

 

支払い方法の確認は、

滞在するリゾートに直接電話やメールで問い合わせてもよいし、

リゾートを予約した「旅行サイト」に聞いても確認してもらえます。

わがやは「agoda」で予約したので、agodaに問い合わせたら教えてもらえました。

(この時に、対応している「国際ブランド」も聞いておくとよいです。

VISA・Masterのみなど、限られたカードでしか使えない可能性もあるので)

乗り心地はどんな感じ?

とにかく、暑くて騒音!場合によっては臭う・・・。

揺れはそれほどでもありませんでした。

狭い機内に20人程が同乗するため、かな~りこもった感じです。

空調は最前列にある小さな扇風機のみで、

恩恵があるのは最前列くらい。

席は自由だと思いますが、

子連れは最前列に案内されました。

 

機内で耳栓はもらえます。

でも無くても耐えられる程度です。

 

暑さは、早朝のフライトだとそれほどですが、

それでも座っているだけで汗が出ててベトつく感じ。

日中のフライトは、とにかく暑いし湿度がスゴイ!

そして搭乗者が多い場合は、ニオイもかなりします。

そこに揺れが加わると大変なことに・・・。

水と酔い止めを用意しておくのがオススメです。

 

子供も乗って大丈夫?

水上飛行機に年齢制限はありません。

ただ乗った感じ、1歳半~くらいなら大丈夫かなと思いました。

やはり小さいうちは機内の暑さや騒音が体に負担がかかるし、

トイレや授乳用の設備もありません。

機内では、子供用のシートベルトの装着も義務付けられています。

フライト中に立ち上がってウロウロなどはできないので、

1時間ほどは耐えられるようになってからの方が、楽に過ごせると思います。

マザーズバックなどの大きめの荷物は荷物置き場に回される可能性があるので、

子供用品は手元における小さめのバックを用意しておくと良いです。

リゾートまでのルートは?

乗り合いの水上飛行機の場合は、

リゾートまで直行または、他のリゾートを経由することもあります。

搭乗後に、パイロットからルートと所要時間の説明があります。

離陸に意外と時間がかかるので、

予定よりもフライト時間は長くなったように感じました。

わがやは直行と経由の両方乗ったのですが、

経由すると他のリゾートの景色も見られるので良かったです。

その反面、フライト時間が長引いたり、

離着陸するときに揺れる回数が多くなって酔うこともあります。

島々と海を眺めながらのフライトは一生モノ

水上飛行機から見る景色は、感動すること間違いなし!

インド洋に浮かぶ海と島々は、とても素敵です。

水上飛行機ならではの低空飛行だからこそ、

海も島もより近くで感じられます。

よーく見ると、魚の群れやなども肉眼で確認できるくらいです。

無人島にサンゴ礁などなど・・・

フライト中はずっと見ていられます。

暑くて体力は使うし費用も結構かかる水上飛行機ですが、

空から眺めたモルディブは「一生の思い出」になりますよ。

ABOUT ME
こばねね
こばねね
2歳の娘をもつ専業主婦。ポイントやマイルでお得に旅行するのが好き。2019年にマイルを使ってビジネスクラスでモルディブへ行きました。旅行ブログを書いています。